BLOGブログ

ボイストレーニングは日常でも役に立つ 〜ボイストレーニングのススメ〜

こんにちは! ARK ACTORS ACADEMY 講師の三原です。

今日はボイトレが日常のどんなシーンで役に立つのか?

実際の会員様の入会動機をご紹介しながら、解説などを足していこうと思います。

(今回は「日常でも役に立つ」がテーマなので、「プロになりたい!」は割愛いたします。)

 

 

1:カラオケで役に立ちます👍

実はカラオケ改善のご要望は、「プロになりたい!」よりも多く、1番多く伺う入会動機です。

「カラオケが好きだけど、途中で喉が痛くなってしまう・・・。」 「カラオケの点数をもっと上げていきたい!」と、歌が好きな方ももちろん多いのですが、

「本当にカラオケ嫌いなんですけど、職場(学校)の仲間に連れて行かれるので・・・。」とか、「自分の歌声(声)が嫌いで嫌なんです・・・。」なんて、ネガティブな声も実は多いのです。

この一見真逆に見える状態も、レッスンで始めにやる事は実は一緒。

それは、「何が良くて、何が悪いのか。」これを明確に分析していく事です。

ポジティブな人は自分のポジティブな部分しか見ていなかったり、ネガティブな人は自分のネガティブな部分しか見ていなかったり。

中には、何が悪くて何が良いのかを自分で判断できていない方もいます。

レッスンでは客観的に発声のやり方を見て、良いところは「良い!」、悪いところは「直そう!」と、一つずつしっかりアドバイスしていきます。

良い部分と悪い部分を、両方知って行く事で、「良いところは伸ばす」「悪いところは直す」アプローチが可能になります。

課題を大きく捉えてしまうと、あまりにも大きな敵に見えてしまいますが、部分化して集中して練習する事で、一つ一つできることが増えていく実感が出てきます。

一つ一つクリアして行く先に、いつの間にか「喉が痛くならなくなった!」「点数が上がった!」とか、「苦手意識が無くなった!」「自分の声が気にならなくなった!」と、気付くのです。

楽しいものが1つ増える。嫌なことが1つ減る。それだけで、人生、ちょっと楽しくなると思います。

 

 

2:お仕事に役立ちます。

「コールセンターに勤めているのですが、滑舌が悪くてよく聞き返されるんです。」

「営業成績が伸び悩んでいます。ビジネス書も読んで実行していますが、改善されません。」

この様なご相談は、私が大得意のレッスンです👍

 

まず、ビジネスで「見た目は大切」と良く言いますが、それと同じレベルで「声も大切」です。

イケボの声優さんを想像してみてください。

他愛もない話(例えば「昨日、ご飯食べたんだよね・・・。」とか)をされても「そうなんだね。」って納得してしまう事ありませんか?

よくよく内容を考えてみれば、「そんなの当たり前じゃん!言う必要ある?」ってツッコミたくなるのですが、イケボで言われると何故か話を聞いてしまう。そんな現象があります。

「そこまでには自分はなれない。」って思われるかもしれませんが、逆を考えてみてください。

今まで出会った上司や先生など、大きな声が怖くて聞くのが嫌だったり、ボソボソと話されて内容を理解できなかった事はありませんか?

せっかく良い話をしようとしても、相手に伝える「声の音」が良くない事で、伝わらない事はたくさんあるのです。

声の音をよくするだけで、もしかすると伝えたい事が伝わるかもしれませんよ😉✨

ボイトレをしっかり練習すると、普段の声も変わってきます。

声が変わることで意思疎通もスムーズになり、仕事がうまくいく方も多いです。

 

また、「職場でのコミュニケーションが不安です。どういう会話をして良いか分かりません。」と、言うご相談もたくさんいただきます。

その時には一人で考えずに一緒に考えましょう。一人で考えると、どうしてもネガティブになりがちです。

会話の一緒に考えてくれる人はなかなか私生活で巡り会うことができません。

レッスンにて一つ一つご相談いただければ、その状況に応じて、話す内容のアドバイスをいたします。

その時に、内容の理由(状況や感情、社会通念など)をしっかりご説明します。

この積み重ねが、ご自身で会話を考えるヒントとなり、自分でも会話を思いつける様になっていきます。

 

 

3:面接で役に立ちます。

人生の大きな選択にもなる「就職・転職」活動。

エントリーシートや受け答えの内容はしっかり対策したけれど、本番の緊張で頭が真っ白になり失敗してしまった方も多いと思います。

面接では、履歴書やエントリーシートからは読み取れない、面接者のメンタリティを見られています。

人間は「見た目は装える。声に本音が出る。」と、無意識に考えています。

文章ではしっかりとしたアピールができても、面接時に弱々しい声で受け答えしてしまうと、「本当は自信がないんだな・・・。」と評価されてしまうことも多いのです。

それが面接の緊張感が理由だったとしてもです。それはもったいない!

しっかりボイトレを行うことで、身体に声を出すことを覚えさせ、面接の緊張下でも実行できるようになっていきます。

さらに、スクールのボイトレでは声を良くするだけではなく、会話の思考回路を鍛えるトレーニングも行っています。

咄嗟の受け答えにも対応できる練習を行い、脳を鍛えることで、本番の緊張を軽減させる事ができます。

「失敗して後悔してから改善する。」よりも、「失敗する前に対策をする。」

これが、人生を左右する時に大切なんじゃないかな?と思います。

 

4:日常会話でも役に立ちます。

コミュニケーションが苦手な人はコミュニケーションを避けがちです。

コミュニケーションを避けると、コミュニケーションに必要な脳や筋肉を使わない様になるので、さらに苦手になっていきます。

負のスパイラルです💦

これから人付き合いを上手くしようとコミュニケーションを練習しようとしても、コミュニケーションは一人でできるものじゃありません。

必ず誰かと練習する必要がありますが、なかなか練習してくれる相手なんて見つかりません。

学校や仕事など、私生活でいきなりチャレンジしてしまうと、失敗した時にトラウマ化してしまう恐れも出てきます。

「変わりたい。」その想いは素晴らしいものです。本当に大事にするべき気持ちです。

だから、そう言う時にはレッスンに来てください。

その気持ちに寄り添って、良くなる為のお手伝いをしています。

 

 

今回は、1〜4までパッと思いつくことを挙げてみましたが、私自信、ボイトレをする事で、日常生活にも本当に役に立つと実感しています。

まず一番は、自分が良くなっていく事を楽しく感じるのが大切です。

サッカーが上手くなった!アイラインが上手く引ける様になった!人に親切にしたら褒めてもらえた!

そう言う感覚で「声が気持ちよく出せる様になった!」と、なってくれたら、私はとても嬉しいです。

 

もちろん、プロになりたい人には本格的に高度なテクニックまでお伝えしますが、「ボイトレは楽しい」はプロもアマチュアも変わらないと思っています。

 

もし、ご興味持っていただけたら、無料体験レッスンもございます!

無料体験レッスンはこちらからお申し込みください。

予約リクエストフォーム https://ark-actors-academy.resv.jp/

 

今日はこの辺りで失礼いたします。

また次回をお楽しみに!

 

ARK ACTORS ACADEMY 講師

三原 大和

 

【 その他の記事 】

人に見せると言う事〜人に伝える事って? 【ボーカル、俳優・声優コースのはなし】

声を出せない環境時の歌の練習 【ボーカルコースの話】

人と話すときに大切なこと 【トークスキルコースのはなし】

頑張りすぎてない?練習のペースって?

新しい挑戦をする時って?ボイトレ始めてみませんか?

歌の上手い下手ってなんだろう?

 


北海道でも気軽に受けられる本格的ボイストレーニング!

札幌発・出張ボイストレーニングスクール

【 ARK ACTORS ACADEMY 】

 

運営組織 Office ARK project

所在地:札幌市中央区北4条西4丁目1-7

TEL:011-594-8119

公式LINEアカウント:@787uycce

E-mail: contact@ark-actors-academy.com

 

ホームページ

https://ark-actors-academy.com

Office ARK project Twitter

https://twitter.com/OfficeARKpro1

Office ARK project Instagram

https://www.instagram.com/officearkproject/

矢印